ABOUT US

ごあいさつ

日本社会はこの半世紀、凄まじい速さで変化を遂げてきました。工業化、都市化、情報化、高学歴化、少子化等々です。これからの10年、20年を予測するのも難しいほどです。このような社会の変化、環境の変化の中で子どもたちは育っているのですから、子どもたちがその影響を受けないわけがありません。
 
残念なことに子どもの生活や育ちを発育発達の視点から眺めると、様々な問題がクローズアップされています。幼い生物としての子どもは本来、身体を動かすことが好きです。好奇心に充ち溢れ、仲間と戯れては様々な学習をしていく存在です。
 
人生80年を超える生涯発達のなかで、とくに身体や運動の発達に関しては人生の初期が重要です。人生の一生を決めるといっても過言ではありません。変貌する社会を嘆いても始まりません。社会が元に戻るとも考えられません。
 
私たちは、子どもの小ささ、可愛らしさに惑わされて少しぼんやりしていたかもしれません。幼少年期の身体活動の重要性を改めて認識し、健全な子どもの育成をはかるため、子どもの発育発達に関する深い理解と専門的な知識および指導技能・技術をもった指導者の養成と指導者の資質向上および研鑽を進めていきたいと考えています。
 
なお幼少年体育指導士講座は、2009年から日本発育発達学会の一つの事業として開催してまいりましたが、2016年度より「一般社団法人 幼少年体育指導士会」として新たな一歩を踏み出し、これまでの講座の更なる充実、資格取得者の支援体制の確立や上級資格講座の開設等の活動を推進することとなりました。
引き続きよろしくご支援お願い申し上げます。
 

代表理事  池田裕恵